子供の時期と親の対応

教育といっても、人格を形成するために必要なルールや礼儀といった分野である躾が主なものになるのが幼児期です。 勉強始めることもできますが、どちらか一方というわけにはいかず、そのバランスを考えて導いてやる必要があります。 その中で、子供が得意とするものが見つけられるのはラッキーです。

学習でない教育が主に

子供に合った教育、といっても、子供の定義も教育の定義も幅広く、様々な角度で語られることではないでしょうか。
このテーマは論点だけでなく、立場によっても全く違うものになります。
親の立場、教育者の立場、教育を研究する立場など、必要な情報はそれぞれ違いますし、悩みやトラブルなども立場によって違いますよね。
難しいテーマですが、今回は一番その立場が多い親の立場で見てみたいと思います。
子供が生まれて育っていくにつれて、まず必要なものは人として生きていくための能力や知恵、周りの人とのコミュニケーションに必要な、いわゆる「躾」と言われるものです。
まだ幼い子供の親が子育てに注意やクレームを受ける時に、「どういう教育をしているんだ」なんていう言葉がありますよね。
この「教育」は「躾」であることは理解できます。
一般的な意味として想像できる学問に通じる教育、というものではありません。
まずは人として、きちんと生活できるようになるために親が指導する事柄、ということになります。
義務教育が始まると、それに伴って学問の入口となる読み書きや計算といった教育が始まります。
大人になれば、その知識は当たり前のものとして扱われるため、子供にはしっかりと身につけて欲しいですよね。
義務教育で得た知識を基盤として、その上に乗せるべき高等教育ですが、今は当たり前になっています。
高等学校、大学や専門学校といった義務教育のその先は、特別な事情がない限り、「普通に進むもの」という認識ではないでしょうか。
自分の子供の本質を見極めて、どんな道に進むことがいいのか、親はそこから考えていく必要があります。
子供の成長に合わせて、親の立場としての姿勢を考えてみましょう。